original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

シャンパーニュ・ラリエ・グラン・ロゼ S.A.

残り1点

16,500円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

Champagne Lallier Grand Rose Brut Grand Cru S.A. シャンパーニュ・ラリエ・グラン・ロゼ ------------------------------------------------ タイプ:発泡ロゼワイン(華やかな辛口) 作り手:メゾン・ラリエ 産地:アイ村(シャンパーニュ地方) 葡萄品種:ピノ・ノワール、シャルドネ 作柄:S.A.(年号なし)88%が2019年 容量:75cl ------------------------------------------------ シャンパーニュの中心地、モンターニュ・ド・ランス地区の特級畑アイ村に本拠を構える小規模なメゾン。栽培、醸造とも手作りで行うオートクチュールなシャンパン造りが特徴です。 そのクオリティーは3つ星シェフ、ジョエル・ロブションのハウスシャンパンとして採用されるほど高く、品質には絶対の信頼を寄せています。 ラリエの哲学 シャンパーニュの歴史的なグラン・クリュであるアイに根を張るラリエの物語は、一族の哲学にその端を発します。今を生きるクラフトマンシップ、自然への敬意、そして人間の精神に対する揺るぎない信頼がこの類まれなシャンパーニュの核をなしているのです。 ドメーヌ:ラリエのシャンパーニュが生まれる場所 ラリエの拠点はシャンパーニュの象徴的なグラン・クリュに2か所。1つ目はアイ。ここには熟成を行うセラーが。2つ目はコート・デ・ブランにあるオジェ。こちらには近代的な醸造設備を備えたメゾンが。 それぞれの施設が互いに補完し、年月を重ねた古の技術と、最新のワイン造りを融合させています。 ラリエのスタイルの神髄 “私たちの代表的なアプローチは4つの感覚―ピュアさ、フレッシュさ、凝縮感、深みが交錯する場所にあります。 ピュアさとフレッシュさはテロワール、ブドウ品種などシャンパーニュを形づくる要素に由来します。一方で凝縮感と深みはメゾンで私たちが行う選択、長期熟成や独創的なブレンドなど、伝統と革新が出合うことで生み出されます。” ブドウとヴィンテージ モンターニュ・ド・ランス(ヴェルズネー、ヴェルジー、ブージー、アンボネー)のブドウと、若干量のコート・デ・ブランのシャルドネを使用。うち7%はブージー最北部に位置し、希少で幻とも言われる赤ワインのテロワールをもつグラン・クリュのブドウをブレンドすることで、他にはまねのできない色味、果実味、そして骨格を実現しました。 ブレンドの美学 別々に醸造したピノ・ノワールとシャルドネから造った白のスティル・ワインと、ブージーにあるグラン・クリュの赤ワインを7%用いたユニークなブレンドが、柔らかくもパワフルなワインに。フルボディで強いピノ・ノワールと、典型的なシャルドネのフレッシュさがこの手法のおかげで一つに。ブレンド比率はピノ・ノワール65% 、シャルドネ35% 。

セール中のアイテム